•      
  • ワインの生まれた場所
    ジョージアはワインの生まれた土地で、8,000年
    以上ものワイン作りの歴史があります。
    「「ジョージア」はギリシャ語で農場主たちの地」
    という意味で、コーカサス山脈に挟まれた
    谷間にあり、500種類もの独特なぶどうの
    品種を持ち、本物のワイン作りが行われています。
  • 独特なぶどうの品種
    世界には5,000ものぶどうの品種がありますが、
    世界中で作られている主要なものはわずか
    20種類ほどで、他に60種類ほどが僅かに
    作られている程度です。他では見られない
    500ものぶどうの種類のおかげで、ジョージア
    ワインは本当に特別なものとなっており、 その
    香りや風味は洗練されたワインの目利きすら
    驚かせるものなのです。
  • クヴェヴリ:世界最初のもの
    ジョージアワインは伝統的に大きな粘土の瓶(かめ)
    の中に入れ地面に埋められて作られます。
    ワインは土の自然な温度である15度程度で発酵・
    熟成し、粘土の瓶によって微量の酸素が
    通されます。これにより、ワインには非常に多くの
    ポリフェノールが含まれることになり、健康に
    良いだけはなく、素晴らしい成分の、飲み口と後口に
    優れたワインとなるのです。
  • ヨーロッパ・スタイルのワイン
    ジョージアでの生産量は世界トップ10に入ります。
    ジョージアでは、ヨーロッパ・スタイルのワイン
    クヴェヴリ・スタイルのワインではなく)も、
    ジョージア独特のぶどうを使い、最先端の機材と
    技術を使って作られています。これらのワインは、
    他のヨーロッパ・ワインに比べてとてもリーズナブル
    な値段のもので、みなさまに喜んで頂けるものです。

ジョージアワインをお届けします

ジョージア人々にとってワインは「大地の血」であり、神からの 贈り物でもあります。6か月の間、地上でぶどうの蔓が繁茂し、収穫された果実はクラッシュされ、大地に戻されます。これは、ジョージア語でクヴェヴリと呼ばれる大きな粘土製の瓶(かめ)の中での発酵と熟成によって行われます。この1年のサイクルは大地への尊敬を示すものであり、最も素晴らしい ワインを生み出します。

ジョージアには世界でも他には見ない500以上ものぶどうの品種があります。 自然農法とクヴェヴリの中によって作られた伝統的ジョージアワインは、 何千年もの間貴族たちの飲み物でした。ホメロスが触れていたワイン、 クレオパトラが飲んだワイン、イエス・キリストのワインは、このようなワインです。 本来あるべきワインなのです。

目玉商品

BAR TIMES

家ワイン

一流の評論家がどのように言っているか、ぜひ お読み下さい!



  • 値段表

    ジョージア・ドラゴン・ワインの値段表をクリックしてpdfファイルをダウンロードして下さい




    pdficon